夏に聴きたい、西アフリカのポップミュージック

一人でアフリカに行くようになってから、アフリカポップミュージックをよく聞きます。(音楽は全然詳しくはないのですが)

タクシー、バスなど、結構爆音で音楽がかかっていて、日本に帰ってきても音が記憶に残り、何回も聴いてしまいます。

クラシック音楽も好きで聴くのですが、クラシックはヘッドフォンで集中、アフリカンポップは窓全開で、少し音大きめで聞くと気持ちが良いです。

 

 

TEMS

ナイジェリア女性シンガー 去年からブレイクしているようで、DAVIDOとも何か一緒にやっていたような、、。

 

 

 

 

KING AYISOBA

ガーナ ガーナ北部のボルガタンガのアーティスト。フラフラ人の伝統楽器コロゴを使ったファンキーな音楽

ボルガタンガの場所 google map 

 

 

 

FOLI (there is no movement without rhythm) original version by Thomas Roebers and Floris Leeuwenberg

西アフリカの大体西側に住むマリンケ(マンディンカ)のリズム

 

Songhoy Blues

マリ

 

 

 

KING PROMISE  - CCDC

ガーナのアーティスト。 少し前のですが、ガーナのアクラに行った時に、この曲が色々な所でかかっていました。

西アフリカのギニア湾岸ではガーナのアクラの他に、コートジボワールのアビジャン、ナイジェリアのラゴスが海岸沿いの大都市なのですが、其々雰囲気が違います。

海岸沿いは爽やかな潮風の中に少し湿度があり、アクラは床屋も多いです(これは他も多いですが)。ドレッドの人も多いですし、道のフルーツも屋も多い気が。(アクラ、フルーツの買い食いしやすかったです。)日曜は色々な所でゴスペルが聞こえてきます。アクラから東へ行く、海岸沿いの幹線道路をよくとおていたのですが、物流のトラックも結構走っています。

このPVは、アクラのリアルな風景を、爽やかに切り取っている感じがします。

 

 

アイキャッチ画像は、初めてナイジェリアに行った時に買った、CDショップスタッフお勧めのヨルバのシンガーOBAで、検索してみましたがみつからないです、、、。

 

twitterへリンクnoteへリンクfacebookへリンクInstagramへリンク