どこかで耳にした事があるアフリカの歌

日本でもどこかで耳にしたことがある、アフリカの有名な歌(民謡・歌謡・童謡)を何曲か集めました。

様々なバージョンでカバーされている曲なので、原曲とは少し変わってきているものもありますが、誰が聴いても覚えやすい音とリズムです。

【マライカ MALAIKA】

1945年にタンザニア・ケニア発祥のスワヒリ語の歌です。
スワヒリ語の歌の中で世界で最も広く知られている歌の一つで、貧しい男性が隣村の美しい可憐な女性に恋し、彼女を「マライカ(天使)」天使と呼びながら思いを寄せる美しい歌です。様々な歌手にカバーされています。

■Miriam Makeba- Malaika (Live Performance 1969)

南アフリカの女性歌手 ミリアム・マケバ(Zenzile Miriam Makeba)が1960年代にカバーし、『マライカ Malaika』は世界的に広まりました。

 

小野リサ 「Malaika」

【ワカワカ Waka Waka】

シャキーラがカバーした2010年に南アフリカで開催されたFIFAワールドカップの大会公式テーマソング『ワカワカ Waka Waka』が有名ですが、こちらも様々なバージョンでカバーされています。

原曲とされる楽曲とは、1986年にカメルーンの音楽グループ、ゴールデン・サウンズ(Golden Sounds/Zangaléwa)からリリースされた大ヒット曲『ザンガレワ(サンガレワ)』(Zangaléwa/Zamina mina)です。
ゴールデン・サウンズのメンバーは主に、当時カメルーンの大統領アマドゥ・アヒジョの警備隊所属の現役兵で、ミュージックビデオもそんなビジュアルです。
因みに、『ザンガレワ』とは、カメルーンのエウォンド語(Ewondo)で「誰がお前を呼んだ?」を意味だそうです。

 

■Golden Sounds – Zangalewa : Version 2010 World Cup video edit

2010年ワールドカップ期間中に,カメルーンの全TV局で放映されtaミュージックビデオ

 

 

■The Lion King – Zangalewa (Waka Waka)

 

 

【バナハ Banaha】

コンゴ民主主義共和国 ルバの民謡です。「バナハ」とは果物の「バナナ」を意味するそうです。

Sisi, sisi, dolada,
Yaku sine ladu banaha. (×2)
Banaha, banaha,
Yaku sine ladu banaha. (×2)
Ha, banaha,
Yaku sine ladu banaha. (×2)

パイナップルの樹の下で
ヤクがバナナを盛っている、おばさんの赤い帽子に
バナナ、バナナ、ヤクは盛っている
おばさんの赤い帽子に
ああ、ヤクがバナナを盛っている
おばさんの赤い帽子の中に

 

■ Banaha (Soldier’s Song)- Missa Luba (Deluxe Editio)

 

■ Banaha (SSA) – Russell Robinson

音楽教材になっているバージョン

 

 

チェッチェッコリ/チェチェコリ (Che Che Kule /Kye Kye kule)

ガーナ アカン民族の伝統的な童謡で、世界中で人気があります。リーダーが掛け声をかけて、他の人がそれに合わせてエコーのように歌います。ジャンベ・ドラムがアフリカ特有のリズムを生み出し、それに合わせて様々なダンスをすることができます。
歌詞に意味はあまりないようで、「せっせっせーのよいよいよい….  」の様な感じらしいです。

■ Che Che Kule (Kye Kye Kule) – Children’s Songs - Sing With Sandra

 

 

■ 運動会チェッコリ玉入れ

日本ではガールスカウト/ボーイスカウトから広まったようです。